icinke*picinke

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

触覚

あなたは、
タートルネックのセーターは、苦手ですか?
夫や恋人、わが子から、サワサワ 優しく触られるのが 苦手ですか?
毛布とタオルケットどちらの手触りが好きですか?

今回は触覚について、軽く♪   最初に触覚を2つに分けます。


原始系    識別系


原始系とは?

進化のきわめて初期の段階の生物には、目も耳もありません。
じゃ、どうやって生きているの?といったら、「皮膚感覚」で生きている。

進化の過程の中で、この皮膚感覚が分化して視覚や嗅覚などができてきたのです。

けれど、もともとの「原始的な皮膚感覚」は、こんなに進化した人間の、それでもやっぱり基礎なのです。
逆に言うと、この感覚があるから、「生きていける」のです。

熱いフライパンに触ったら、ばっと手をひっこめますね。
引っ込めないと、大やけどしちゃいます。

暗い夜道に、突然 背後から手があなたの頬にそっと触れられたら
「きゃー!」と叫び、恐怖で身を強張らせる。

「得体のしれない、不気味な刺激」に反応します。
これが原始系の働き。

この感覚を使い

身を守り、逃げ、警戒し、また身の危険を感じたら 蹴ったり噛みついたりするのです。
「防衛・逃避」の働きがあります。
「取り込み行動」=えさと思えば、喰らいつく のも、この原始系がつかさどってます。

生まれたばかりの赤ちゃんの原始反射も、この感覚からきています。
すでに胎内の中で、この感覚は働き始めているのですね。




識別系とは?

生まれてから身につくものです。

高等な哺乳類は「原始系・本能的」な触覚の他に、もっと複雑な情報を処理するため、
知的な「識別系」という触覚も進化させてきました。

私たちは、例えば、カバンの中に
手帳・ハンカチ・メモ・お財布・ちり紙・携帯・・・色々入っている中で
見ないで、鍵を取りだすことができますね。

指先で、大きさ・形・素材を弁別しています。

こうして、生まれたばかりの原始系のみで行動していた赤ちゃんも
3カ月頃から、少しずつ少しずつ・・・この識別系触覚を自分で取り込みながら、自分で訓練していきます。
口に入れたり、少し開いている引き出しから、余計なものを引っ張り出したり・・・いろいろしでかすようになります。


けれど、この触覚も人によって、受け取り方が「違う」のです。
ここにも「原始系」と「識別系」のアンバランスに個人差があります。

LD・ADHD AS 学習障害という診断名のついている子には、この原始系「触覚防衛反応」が過敏に働くそうですが、
そういう診断名がついていない子を見ていても、(大人も)ここが過敏な方は多いです。

同じ刺激でも、受け取り方は、人によって違うということです。

「トントン」と肩を叩かれても
Aちゃんは、「なんだ?」と瞬時に、その刺激を脳の中で識別する。
Bちゃんは、識別よりも先に、ぞわ~~と嫌悪感を感じる。

特に、この「ぞわっと感」「ビクッと感」を感じる身体の場所。それは私たちの体の部分で致命傷になりやすい場所が多い。

顔   頭   特に首筋まわり・うなじ   わき腹
(私は、背中がすごいダメ。肩もみやマッサージは、鳥肌たちっぱなし)

ここは「原始系=防衛反応」のスイッチが入りやすい場所です。


そう考えると・・・
耳掃除  歯磨き  爪切り  顔を洗う  口を拭いてもらう  お風呂で身体を洗ってもらう

なんて、この感覚が過敏な子にとっては、、地獄です。

帽子をかぶる  靴下をはく   タートルネックのセーター  首にかけるカバン

この辺も、「あ~あ~あ~」とムズムズする。大人でも心あたりの方もいるかも。

ヌルヌル
チクチク
フワフワ
ヒエヒエ


こうした素材独自の感覚になると「嫌がる」から「過剰に好む」に変化することもあります。


冷たい水で手を洗うのを嫌がる  蛇口を触るのを嫌がる  ブランコや鉄棒の金具を触らない
のりや粘土を嫌がる

逆に
食べ物のシチューに手を突っ込んで、グチャグチャさわる
ガラスに頬をつける
毛布に顔を埋めているのが好き


あなたは、どうですか?
[PR]
by csimaki | 2010-12-15 10:13 | ちょこっとお勉強したこと
<< ぽかぽか 感覚統合 >>


カテゴリ
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧