icinke*picinke

<   2010年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

朝起きたら、雪が本格的に降っていた。

まだまだ雪がめずらしい我が家の住人。

朝から、なんとなくハイテンション。

雪と一緒に、やむことなく、

夕方はてっちと公園まで出かけ、雪と戯れてきました。

f0206201_1475920.jpg



「今日は、雪見風呂にしよ~っと♪」とてっちは、
洗面器いっぱいの雪をベランダからかき集め・・・

雪だるまをいくつか作り、お風呂ふちに並べ、手でお湯を滴らせて、じわりじわり。。
溶かしてました。。

真似したかったけど…私がやると…不気味な光景になりそうなので、やめておきました。
[PR]
by csimaki | 2010-11-30 14:15 | 日々のこと

ホワイトイルミネーション

「なんか。大通り、綺麗になってたぞ」
「あ、イルミネーションがどうのって言ってたね」

「ディズニーランドみたいだったぞ」
「へー。そうなんだー。」

「夕方にでも見に行くか」
「賛成!」の手が2つあがる。

そこで、日曜夕方見に行った。






f0206201_19285297.jpg
f0206201_19292653.jpg


思った以上に綺麗だった。


ちょうど、ミュンヘンクリスマス市も2丁目でやっていたので、そこで夕飯もすませることにした。
f0206201_1929504.jpg


「今回は、ウニ丼とかカニ汁とか、ないのかな~?」夫君

「だって。ミュンヘンだよ。ミュンヘンっていったら、ドイツでしょ。
ドイツ料理になかなかウニ丼はないと思うよ」

「そんでも、ここは北海道なのになぁ~」




f0206201_19302053.jpg

ドイツのクリスマス グッズやオーナメント、
小樽のガラス、窓飾り用レース、マトリョーシカ
ジンジャ―クッキーや、シュトレンなどの焼き菓子

と魅力いっぱいの店舗も並んでました。

さすがに、6時過ぎると寒くて寒くて、3人で固まりながら歩きました。

f0206201_19304561.jpg

[PR]
by csimaki | 2010-11-28 19:27 | 北海道

今日の発見

北海道新聞のお天気欄

f0206201_1371268.jpg


札幌も今日の午後から雪マーク。
今はお天気いいけど、チラチラ雪が舞ってます♪
3日ほど雪が続くけど、積雪まではいかないのでしょうか?

で、今日の発見は




雪マークが2種類ある!

f0206201_1373172.jpg


にこ顔  と  困った顔

可愛くて、なんだか嬉しくなっちゃいましたが、

吹雪の地域は、本当に困るでしょうね。
[PR]
by csimaki | 2010-11-28 13:13 | 日々のこと

大人まで

息子の話を聞いていると、


百の言葉を浴びせたくなる衝動に駆られる時もある。

自己中心の考えを正したくなる。
他人の立場にも立って考えてほしい。
マイナス思考はマイナスなことしか生まないよ。

でも、私が、今の息子に「言葉」で話したところで、何になるだろう。
話して理解してもらえば、それは簡単だ。
でも、そうはいかないだろう。

私がそうだったように。


あと、10年で君は「大人」と呼ばれる。

「大人」になるって?more
[PR]
by csimaki | 2010-11-28 07:59 | てつ

先生

今週始めに札幌で中学2年生の女の子が自殺した。
先週 「いじめ調査」なるアンケートが公立小中学校で実施された。

「あなたはいじめられいると感じる時はありますか?」という内容のもの。

てっちは、自分の感じるままに〇をつけ、提出した。

昨日、先生から呼ばれて、話をしたと言う。

「でも、今までだって散々話したのに、なんでまた同じこと聞くんだろう」
「今までの話し聞いてなかったのかなぁ?」

「話したって、先生は何もしてくれないし、見てないし、人の話聞かないし、
一方的に自分の言いたいこと言うだけだし、先生も生徒のこといじめてるのに。
全然わかってないよね」


そりゃ、先生だって忙しいし、書かなきゃいけない書類はどっさりあるし、会議もたくさんあるし、
行事もこなさなきゃいけないし、授業の教材やプリントも作んなきゃいけないし、
忙しいんだよ。

と言いたいところだけど、
子どもの話を否定しても、何も始まらない。

黙って聞くほどに、いろいろな意見を言う息子。

「ゆっくり発言する子に「はいはい、わかったわかった。じゃ、次進もうねー」って言って、
先生はさえぎったりするんだ。ちゃんと最後まで聞けばいいのに。
それで、ゆっくりの子は、友だちから「また発言するのかよー」とか言われちゃうのって、
先生がいけないと思わない?」


「友だちに、『うざい』って言われたり、『黙れ』って言われたり、話している途中で『で?それが何?』
って言われたりするのが、そのまま自分に乗り移って…

いつの間にか、自分も使っているんだ。

口にチャックしなくちゃと思うんだけど・・・難しい・・・

そのことを先生に一方的に怒られるとよけいイライラしてきちゃうんだ。」


クラスにいる不登校の子
「あの子が休んでも何も言われないのに、僕が休むと来いって言われる。そんなの不公平だよね」

クラスの担任の先生に対する 自分の「意見」なるものを持つようになった。
11歳の息子。10代の始まり。思春期の入り口だね。


くるみの木をリンク欄 (ほら。作れているでしょ♪) に貼りました。
上から3番目くらいの記事に、「担任の先生を選べる」という内容が載っています。
面白いので、ぜひ読んでみてください。


f0206201_8513210.jpg

昔、作ったおもちゃも載せて というリクエストをいただいたので、少しずつアップします。
[PR]
by csimaki | 2010-11-27 09:16 | てつ

リンク

4年ぐらい前に HPを持っていました。
名古屋に引っ越したら、毎日目が回るほど忙しくなってしまって、おろそかにしてたら、レンタルだったので
消えていました。当時は、毎日ワイワイとにぎやかだった気もします。

で、今はこのブログ。

前のHPから、このブログへの引越しも連絡せずに、立ち消えになってしまった友達もいます。
変わりなく、つながってくれている友達もいます。

このブログになってから、あまり人に教えてないし、訪問もしていないので、来て下さる方は本当に少なくなったのは事実です。

でも、今、ここに来て下さり、私の存在にちらりとでも興味を感じてくださる方がいることが嬉しく、大切にしたいと思っています。


・・・・
と思っていたら。。。気づきました(今頃) このブログ リンク欄がないわ。

あれ。同じエキサイト使っている友達のところは、リンク欄がある。

でも、どうやってリンク欄がつけられるんだろう?

いろいろいじったら・・・わかりました☆ リンク欄のつけ方が。


これから、リンクご承諾のご挨拶にまわらせていただきます。ぺこり。
嫌なら、ご遠慮なくお断りください。

f0206201_932417.jpg

[PR]
by csimaki | 2010-11-26 09:33 | 日々のこと

シフォン布

毛糸買ったり、布切ったりして、作りたいものがたくさん♪
と思ったら、
またしても、シフォン布の注文がドカ。

ひとつの仕事が終わり、次の仕事までのつかの間の自分時間を満喫しようかな。
と言う時に必ずやってくる。

タイミングが良いというのか…悪いというのか…(苦笑)

f0206201_10262879.jpg


かれこれ、8年くらいになるでしょうか。このお仕事。

息子にわらべうたを歌ってあげるときに、このシフォン布が欲しいと思い、
わらべうたの会でも紹介したいと思い、
問い合わせたら1000枚以上の注文がないと受けられないと言われ、
他にやっているところもなかなか見つからず、

しぶしぶ(笑)始めたシフォン布。

今では、各地の研究所やおもちゃ屋さんに卸しています。
今年度、暇になったとたん、なぜか、おもちゃ屋さん3店舗増えまして。
とても良いお付き合いが始まってます。
人生のめぐりあわせの不思議さも感じます。

時々、私…いつまでやるんだろう?私がやらなくてもいいんじゃないのかな。
と思うときはあるんです。

でも。

「子どもたちが本当に喜ぶんです」の声を聞いちゃうと、なかなかやめられない。

風  波  炎 水   木々の揺らめき  熟した果物  ふわふわ動く小さな動物 
手のひらに納まる小さな神様

いろいろなものになるシフォン布

飛ばすとふわりと落ち   手のひらからぶわっと広がり  ゆらゆら揺れ

いろいろな動きを見せてくれるシフォン布


でも、こんなに引っ越して、「職場」と言うところに定着できない私の立ち位置でも、
続けられる仕事だから、あと もう少し続けようかなと、思ってます。

*札幌からの送料がとても高くなってしまったので、50セットから受けてます。(送料無料)
  1セット 1,280円です。
[PR]
by csimaki | 2010-11-25 10:57 | 仕事

ふんばる リス君

布の裁断や、ミシンで大きいものをかけるとき、
布が滑り落ちていかないように押さえる重石。

私はりすの重石を使ってます。

時にしわや折り目がついた布の上で踏ん張ってくれて、一晩二晩がんばってくれます。

f0206201_7244027.jpg


またやっちゃってます。
久しぶりのヨーヨーキルト。

寒々しい窓からの冬景色をもう少し暖かくしたいと思って。

今回は大きく作ろうと思ってますが。
どうして、こんなちまちましたことを手掛けてしまうのか?

それは、私がちまきだからです。名前から来てたか(><)
[PR]
by csimaki | 2010-11-23 07:31 | もの

ハリポタ

発表会の代休で、てっちはお休み。
学校は、このためにお休みにしてくれたのかな♪?

早速、観てきました。「死の秘宝パート1」
さすが平日月曜日。映画館は空いていました。

今回の映画館は、JRタワーのステラプレイス7F。
札幌に来て映画は4回観に行ったけど、場所はどこも別々。
自宅から20分圏内に映画館がたくさんある、という環境。良いです。札幌♪


それまで、舞台はホグワーツが多かったけど、今回は外の世界。
だから、制服でなく普段着。
ハリー・ハーマイオニ―、ロンのセーターが良かった~♪(あれ?観点はずしてる?)
ハーマイオニ―がロンに何故惚れたのか、本ではピンとこなかったけど、映画では、
「うん。確かに格好いいぞ。ロン。そのセーターの着こなしが!」と思ってしまいました。

てっちはというと、最初のヘドウィグが死んじゃう場面で、ボロボロ泣きだし、
屋敷しもべ妖精のドビーの場面でも、嗚咽を我慢しようとしているのか、身体震わせながら、
やっぱり、ボロボロ泣いている。

私は、それが可愛いやらおかしいやらで、泣き所を逃してしまった。。

パート2は7月。それまでに、話し覚えているだろうか。それが心配。

家に帰ったてっちは、案の定、厚紙で「杖」作り  3時間。
昔自分で作った「呪文集」を引っ張り出し、呪文の練習。

結構たくさん覚えたようだ。ホグワーツだったら優等生になれたかな。

私も「服従の呪文」が使えたらいいな・・・はやくお風呂に入っちゃいなさい!はやく寝なさいっ!

ギターの先生が、てっちに無理やり要求され(?)またブログに載せてくれました。
ダースベイダ―、黒バージョン 本当にありがとうございます。

[PR]
by csimaki | 2010-11-22 21:46 | 家族でおでかけ

学習発表会

学校の行事「学習発表会」があった。

観に行った。
演目は「桃二郎」    
f0206201_75625100.jpg


3週間ほど前だったろうか?
「学習発表会の役ね。僕は、じぞう」
「あら。じぞう?そのまんまじゃない」

「でも、台詞がたった一回なんだ。『このうらみ、はらしてやる!』   って最悪じゃね?」

とかなんとか、言っていたが。

無事、大役は果たせた。
f0206201_7564517.jpg

ボケボケ。。一応てっちが写ってます。ムービーから起こしたのね。

こういう演劇は、前の学校でもあったが、
5年生になって、やっと
子どもたちが、「役」と「話の筋」を結びつけて、それぞれの役まりを理解している、というのが見てわかるようになった。

見る人に、何かをみんなで伝えようとしている。
それは、話を理解する、演じる、他の人の演じていることに応えて演じる、表現する。

幼児の頃から自分の中遊んできた「役」と、見ている人へ理解してもらおう ということが、10歳でできるようになるんだ。と感心しながら、納得できた。

でも。学年全員80人以上で演じることに、どういう教育の効果を狙っているんだろうか?
わからない。不思議だ。




と、ここで、余談ですが、

ハンガリーの「ドラマ教授法」の中でも、大勢の人に観せる演技は、10歳から。9歳までは、しない、と書いてある。

ハンガリーでは、小学校低学年のうちは、小さな話を演じ、自分に戻り、どう感じたか。
役を交代してみて、逆の立ち場でどう感じたか。
たとえば、赤ずきんちゃんのおおかみの役を演じた後、おおかみが家に帰ってからどう思うか、など話を元に違う場面設定をして、役を作ってみるなど、試みる。

ということを、小さなグループから、クラスと広げていきながら、考えさせていく。

そして、10歳になる時は、みんなで「シナリオ」を喧々諤々 討議し、役の理解も意見を出し合い、舞台、衣裳も子どもたちの考えをひねりだし、制作し、そして、観衆の前で演じる。

それでも、役者は、10人前後だ。それ以上は難しい。

扱うシナリオも、この話は情緒的、この話は道徳的、この話はセラピーの役を持っている など、その時のその子やグループに必要なものを教師が分析し、選択している。

日本では、どういう教育的課題を持って、どういう長期的プログラムの経過の中で、こうした発表会を位置付けているんだろう?
日本の「ドラマ法の小学校の教育プログラム」があったら、勉強してみたいです。どういうことが書いてあるんだろう?

なんて…先生に聞いたら、私 きっと ただの「嫌な うるさい 親」になっちゃうんだろうな。えへ。
[PR]
by csimaki | 2010-11-21 08:50 | てつ


カテゴリ
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧